営業が合わなくてつらいと感じている人へ

売り込み営業が「合わない」と感じている人へ

無理しなくていいから、今すぐにでもやめたほうがいい。

どれだけ苦労しようとも、好きになれないものはどうしようもない。

好きな人には勝てっこない。無理したところで、周りが「あいつは営業が好きなんだ」と勘違いして、どんどん仕事を振って来るようになる。

本当に好きな人は無理していない。余裕がある。楽しんでいる。苦労すらも楽しめる。

あなたが本当に実力を発揮できる場所へ移動したほうがいい。

私も以前は、どうしても好きになれない商品(他にもっと勧めるべきものがあるのに、それを売れと言われた商品)を営業していた。お客さんと話をするときも表面的には笑顔でも、どうしても心の中では100%の気持ちで売り込めないでいた。

それでも売れるのは売れる。でも、その後が問題だとわかっていた。

他の同僚は、そんなことも一切気にせず、ガンガン売っていく。で、どんどんクレームが増え、どんどん常連さんも離れていき、新規が入ってはすぐにやめていくという負のループが始まった。

その時気付いた。たとえ売れたとしてもそのあとが問題なんだと。本当の意味での商売は売ることではない。売るというのはあくまで入り口であって、その後の関係性をどうやって構築していくかが大切なんだと。

もちろんセールスも大切だ。自信を持てるものは全力で売り込むべきだと思う
でも、どこか心配事があったり、売るべきでない人たちに売り込むのはおかしいと思ってしまう。それがどうしても受け入れられず、鬱になりました。

ただ、今でも思うのは「自分が好きだと思える分野」なら人はその才能を発揮できるということ。人それぞれの強みを発揮すれば、その場所で必要とされる人材になれるということ。

覚えておいてほしいのは、長所は短所になるし、短所は長所であるということ。どういう環境で活かされるかによってそれが全て変わるということを胸に刻んでおくべきだ。

そして、自分の強みが活かされる環境に行けば自ずと必要とされる人材になれることだろう。

その判断基準は「無理しているわけでもないのに、人からよく褒められること」あなたが無意識にできていることに、あなたの強みのヒントがあるはずだ。

営業で無理して心が荒んでいく人へ。

あなたには才能がある。あなたには強みがある。

まだあなたの実力を発揮できる環境に行けていないだけだ。それだけだ。だから、自分を否定しないでほしい。自分で自分を苦しめる必要はない

仕事を辞めたって大したことはない。世間体が気になるなら別だが、大丈夫。死にはしないさ。働ける場所は選ばなければいくらでもあるんだから。

他でもない私がいちばんそれを心配していたが、すべて杞憂に終わっている。結局、どこで働くか、どんな人間関係の中にいるか、それが、あなたの幸福度に大いに関係している。

どんなに収入が高くても、あなたの周りの人間関係が悪ければ不幸に感じるだろう。たとえ収入が少なくても好きな人たちと過ごせれば幸福だと感じる人もいる。

あなたの幸福の基準、あなたの強み、あなたの好き嫌い

それをはっきりさせることが本当の意味での自己分析であることをお忘れなきように。

収入という基準にしがみつくことが愚かだと早く気付いたほうがいい。それは、恐怖と欲望に取り憑かれている証拠だからだ。

ABOUTこの記事をかいた人

1日14時間労働、休みなしで28日間ぶっ続けで働く鬼ブラック環境に揉まれた先で勢いで決行した旅先の景色に心が震えるほど感動し号泣。そこから旅する生き方を模索し始める。場所にも時間にも縛られずPC1台で働く生き方に憧れ起業。

お金・知識・人脈ゼロから起業し、趣味、学習系、健康系、コンプレックス系問わずオウンドメディアを構築し独自コンテンツ販売経験あり。(趣味からスタートした1つのメディアではありがたいことにメルマガ読者3000人突破。)

知り合いからは「お前はロマンチストとリアリストの2面性を持った凡人の顔した狂人」と言われる。

理想の生き方は「旅するモノ書き」

旅して景色を見て世界が広がるような刺激を受けたり、カフェでコーヒ片手にのんびり読書するのが至福の時間。己の頭に投資した知識をフル活用してビジネスの成果が出たり、現実が変わり始める瞬間はアドレナリンドバドバ。

飛行機に乗って海外旅行先に到着する頃に6万円の報酬通知で飛行機代がペイされているのを見た時、自分の中の労働価値観が完全に崩壊する。

Webマーケティングの相談を受けた人たちからは「らいあんさん個人のブログとかはやってないんですか?メルマガ書いてほしいです!というか書いてください!」と急かされ続けるも散々渋る。

ようやく重い腰を上げ、個人が自由な人生を手に入れるための知識や戦略をブログ・メルマガで配信中。

【もっと詳しく僕のことを知りたい人はココをクリック】